カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

内祝いに関する豆知識

日本では、結婚内祝いや出産内祝いなど、人生の様々なシーンでギフトを贈る機会があります。
しかし、一般的な知識を知らずに贈ると相手に対して失礼になる場合があります。
そこで、こちらでは内祝いに関する豆知識についてご紹介します。
お世話になった方へ「ありがとう」と感謝の気持ちを込めて、喜ばれるギフトを贈りましょう。

■ 内祝いの意味

内祝いの意味は様々ですが、現在ではお祝いをいただいた時のお返しに贈る方が沢山いらっしゃいます。
しかし、本来はおめでたいことがあった時に、喜びを分かち合うために贈ることが目的でした。
また、古くから日本ではお祝いの品を貰ったかどうかは関係なく、お世話になった皆様にお餅やお赤飯を配って感謝の気持ちを伝えていました。
現在は、出産・結婚・入学・新築・就職祝いなど、人生の節目となる様々なシーンで内祝いを贈るのが一般的です。

■ 内祝いを贈る時期・金額の相場

・結婚内祝い
挙式後の1ヶ月以内を目安に贈りましょう。披露宴に出席した方は当日の引き出物が内祝いになりますので、改めてお返しをする必要はありません。
結婚式に招待できなかった方、もしくは招待したが当日披露宴に出席できずにお祝いをいただいた場合、結婚内祝いの品をお返しに贈りましょう。
予算としては、いただいた金額の半額程度が基本ですが、あまりとらわれ過ぎず、これまでのお付き合いの程度を総合的に考慮して、内祝いの金額帯を判断することをオススメします。

・出産内祝い
「幸せのおすそわけ」として感謝の気持ちを込めて贈る出産内祝い。赤ちゃんが誕生して、生後1ヶ月(お宮参りの時期)を目安に贈ると良いでしょう。
しかし、子育て中は大変忙しいですし、体調の回復にも個人差があります。
万が一、返礼が遅くなるようでしたら、お詫びの言葉を添えて贈ることをおすすめします。
一般的な相場としては、いただいた金額の3分の1から2分の1といわれています。

当店では、内祝いギフトに人気の美味しい和菓子スイーツを販売しております。
和菓子職人が心を込めて作った大変珍しい洋風の羊羹は、コクがあり甘過ぎないため、幅広い年齢層の方にご好評いただいており、ワインやコーヒーとの相性にこだわり抜いた逸品となります。
また、羊羹の表面は、ピアノの鍵盤仕立てで見た目も可愛らしく、お世話になった方へのギフトに最適です。
当店おすすめの「ジャズ羊羹」のお取り寄せ・ご予約をご希望の方は、ぜひサイト内よりご注文ください。